在留資格『特定技能1号・2号』の創設等について

先週、外国人材の受入れ・共生に関する関係閣僚会議が開催され、
『出入国管理及び難民認定法』及び『法務省設置法』の一部を改正する法律案
骨子等についての議論が為されました。

来年4月を目途に、新たに『特定技能1号』『特定技能2号』が創設され、
又、現在法務省の内部部局である「入国管理局」が、外局の「出入国在留管理庁」となります。

詳細は、以下のHP(パンフレット)でご確認下さい。

出入国管理及び難民認定法及び法務省設置法の一部を改正する法律案の骨子について
新たな外国人材の受入れに関する在留資格「特定技能」の創設について
 

当該在留資格については、今後も情報等が更新され次第、随時投稿させて頂きます。

在留手続に関しまして、ご相談がございましたら、
お気軽に、ご連絡(03-5954-5356)お願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です