助言業務とSNS、アフィリエイト

本日、お客様より、投資助言・代理業務の広告方法についてのご相談がございました。

最近では、SNSやアフィリエイトを用いて広告を行っている業者の方も沢山目にいたしますが、
第三者による広告は、方法によっては顧客と業者との仲介=代理業務に該当してしまいますし、
当然内容等については、業者のチェック機能も重要となって参りますので、運用には留意が必要となります。

<参考資料>日本投資顧問業協会で発表されている留意事項
(ソーシャルメディアによる広告およびアフィリエイトに係る留意事項)
http://www.jiaa.or.jp/profile/pdf/kisoku/koukoku-ryuui250227.pdf

配信で助言を行っている業者の方は、会員の確保が業務における重要なポイントだと思います。
(特に登録後1,2年は。)
しかしながら、第三者を利用した場合には、その方々の管理を怠ると、
最終的に業者の責任問題にもなりかねませんので、ご注意が必要となります。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です