古物商許可申請@築地警察署

本日は、銀座に本店(営業所)を構える法人のご依頼で、
築地警察署に古物商営業の許可申請を行って参りました。

代表取締役1名の法人でしたので、書類量は少なかったのですが、
営業所の借主が別法人だったため、『貸主及び借主双方からの使用承諾書』を添付いたしました。
なお、借主=申請者の場合でも、営業所の用途が「居住専用」や
「〇〇業務のため」等限定されている場合には、貸主からの使用承諾書が必要となります。

また、法人の目的に対象品目の売買の記載はあったのですが、
“古物”の記載がなかったため、『確認書(近々に目的追加等を行う旨の書類)』も添付いたしました。
なお、目的追加等の期限や謄本等の再提出はございませんが、
基本的には直近の定時株主総会や別の変更手続があった際に行って頂く事になります。

審査期間は30日~40日となっております。
(GWがございますので、5月下旬頃だと予想しております。)
 

古物商手続に関しまして、ご質問等ございましたら、
お気軽にご連絡(03-5954-5356)お願いいたします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です